女性ゴルフウエアの選び方

ゴルフウェアを選ぶ際の注意点

ゴルフウェアを選ぶ際に気を付けておきたいのは、素材や機能性です。

 

ゴルフは屋外で長時間行うスポーツでありますし、その時によって季節や気温、天候が異なりますからそれを意識して選ぶ必要があります。

 

暑い時期は速乾性や通気性のあるもので熱中対策を心がけ、寒い時期は保温性のあるもので防寒対策をすると快適にプレーすることが可能です。

 

ゴルフウェアの基本的な服装は、トップスが襟付きシャツ、ボトムスはロングパンツと言われています。

 

外着で着用しているものを代用しても問題ありませんがスポーツウェアとしてつくられたものではありませんから注意が必要です。

 

またTシャツやデニム、サンダルなどの着用は禁止されています。

 

ゴルフ場によってはハーフパンツは着用可能としているところもあるので、事前に確認しておきましょう。

 

おすすめとされているスタイルはポロシャツにチノパンという服装です。

 

実際プロゴルファーの試合を見てみるとそのような服装を多く見かけられます。

 

それは試合後に行うパーティーや表彰式に酸化する際ジャケットを羽織るだけでスポーティ且つフォーマルな雰囲気を演出できるメリットがあるからです。

 

女性の場合、キレイめのスカートやショートパンツ、ロングパンツを着用すると良いでしょう。


夏ゴルフで気を付けたいこと

夏ゴルフでまず気を付けるべきは熱中症です。

 

長時間屋外で行うスポーツですから対策を怠っていると命を落とす危険性もあります。

 

方法として挙げられるのは十分な水分と塩分の補給です。

 

実は熱中症は水分補給だけでは防ぐことが出来ません。

 

水の代わりに電解質が含まれているスポーツ飲料などが適していますが、苦手な人は麦茶や梅干しが適しています。

 

炎天下のラウンドを歩く場合、飲料を1リットル程度用意しておくと良いでしょう。

 

このとき、飲み物は生ぬるいものよりも冷たい方が体温を効率よく下げることが出来ます。

 

また身体を冷やすのも効果的です。

 

首にぬらしたタオルを巻くのが一般的ですが、ゴルフの際はマナー違反とされるので注意が必要です。

 

今は色んな冷感グッズが販売されていますから探してみると良いでしょう。

 

そしてプレイ前夜はお酒を控えて、十分な睡眠をとるようにしましょう。

 

深酒と寝不足は水分不足と同様に危険と言われています。

 

寝つきが悪くとも横になって目を閉じるだけでも身体は休まりますので出来るだけ実践するようにしましょう。

 

そしてゴルフ場選びも高原などの比較的涼しい場所を選んでプレイするようにしましょう。


冬ゴルフで気を付けたいこと

冬のゴルフでは、まず寒さ対策を念入りに行いましょう。

 

広大なコースは風通りが良いですから、対策を怠ると風邪などの不調をきたします。

 

防寒グッズは様々ありますが、ホッカイロは冬のゴルフにおいて必需品と言われています。

 

手先を暖めるためにも最低1個は容姿しておきましょう。

 

プロゴルファーなどを見てみると大きなグローブをつけるなどして防寒対策を行っていますが、スイングの精度に大きく影響するデメリットもあるためミスショットを避けたい人には適していません。

 

出来れば身体全体を温めるために1個以上は持っておくようにしましょう。

 

またハンドクリームも防寒対策として効果的と言われています。

 

ボールを持ち歩いたりするので、冬のゴルフは手が乾燥しやすく荒れやすい環境です。

 

放置するとアカギレなどを起こしたり、スイングに影響が出てきてしまうので、ラウンド開始前にクリームを塗布するようにしてあげましょう。

 

ただ塗りすぎてしまうと滑りやすくなってしまうので注意が必要です。

 

プレイに関して気をつけることは環境と風です。

 

芝の下の土が凍るため全体的にかたくなっていますから常に狙いを手前にすることを意識します。

 

また冬の風は強いですから計算にいれてプレイすると良いでしょう。